カジノのウェブサイトをデザインする上で気を付ける事!

今やフリーランスという言葉が定着し、独自のスキルを磨いてそれを生業として生きて行くというライフスタイルが近年になって再度注目されています。いろいろな職業が溢れる中、特に需要が高いと言われているのがウェブサイトなどを作る事のできるデベロッパーだと言われています。コロナの時期に急成長を果たしたカジノ産業でも今急ピッチでWebデベロッパーの採用が行われているという話も聞くくらいです。

常に先を見る能力

企業というのは、働く従業員や会社自体を守る為に、世間の変化に敏感に反応する“瞬発力”と、新しい時代を生き抜くためのアイディアを生み出す“発想力”を持っていなければなりません。ましてや、変化の激しい現代で生きるには尚更です。ギャンブルの業界だって状況は同じです。殿様ビジネスとも揶揄されている様に、待っているだけで大量のお客さんが流れ込んでくる従来のカジノのスタイルは、コロナのダメージと共に変化を余儀なくされました。今や、多くのカジノ業界がオンラインギャンブル業界への移行を始めるなど、ビジネススタイルの見直しが今始まっているのです。

現在カジノ業界では、オンライン上のプラットフォームの開発にすでに莫大な時間とお金を費やしていると言われています。カジノをイメージさせる様な見た目がかなり派手なウェブサイトが今はトレンドみたいで、まるでカジノ同士の意地の張り合いの様になっています。

「Casinos and Restaurants by Napoleon」

このCasinos and Restaurants by Napoleonのウェブサイトが正にいい例です。この施設が誇る自慢のカジノルームや、レストランの豪華な食事など煌びやかなカジノの夜を彷彿とさせてくれる様な見事な作りになっています。アニメーションい加えてロゴや使用されているフォントまで、正にお手本になる様なウェブサイトだと言えるでしょう。

「Casino’s Jungle」

お手本として見るのならば、オンラインカジノのウェブサイトも良いでしょう。従来のカジノよりも遥かにに多い本数のゲームを開発しまくっているオンラインカジノを運営している会社は当然、ウェブサイトやデザインのプロフェッショナル集団。どうすればユーザーを獲得出来るのか、どういうマシーンを開発すればお金を払ってプレイしてくれるか、など常に課題と戦いながらオンライン上で戦い続けてきた言わば最強の布陣です。

Palm Casino Hotel

見た目のデザインやウェブサイトのレイアウトを参考にするとしたら、ラスベガスを代表するカジノリゾートの一つ『Palm Casino Hotel』のウェブサイトなんかもおすすめです。暑いネバダ州に位置するこのリゾートで、プールで楽しく遊ぶ事が出来ると事前に分かれば利用したいと思うお客さんだって少なからずいるはず。Palm Casino Hotelのウェブサイトは、パッと見では、南国リゾートホテルの様な見た目になっていて、カジノの“重い重厚な雰囲気”とのギャップも素晴らしいなと思いました。